株式会社KY CenterVue

製品情報

自然なカラーで高い鮮明度
網膜イメージングの新しい標準をめざして

DRSplus

DRSplus

共焦点眼底撮影システム

DRSplus

お問い合わせ

製品特徴

DRSplusは斬新なデザインで設計された共焦点眼底撮影システムです。
通常の顎台は存在せず、覗くだけで両眼オート撮影を行います。

画角は45°で、従来の無散瞳眼底カメラと同じですが、コンフォーカルですので、
より鮮明な画像を取得します。
Eidon譲りの 高精細画像を眼底スクリーニングとしてご使用いただけます。

01.Features特徴1

TrueColor共焦点技術

画角 45°の網膜画像

TrueColor共焦点技術は、白色光LED光源を使用し、白内障眼でも詳細な画角 45°の網膜画像を撮影することが出来ます。

網膜画像

02.Features特徴2

最小の
瞳孔サイズでの撮影

DRSplusの共焦点技術により、2.5mm程の小さな瞳孔を通して撮影が可能です。

散瞳を必要とせずに、検査にかかるスタッフの負担はもとより、患者様にとっても快適な撮影が可能となります。

最小の瞳孔サイズでの撮影

03.Features特徴3

さまざまな
イメージングモダリティ

DRSplusは、TrueColor、レッドフリー、青色と赤色波長の画像、外眼部画像、ONHとステレオビュー、そしてモザイク画像といったさまざまなイメージングモダリティを提供します。

さまざまなイメージングモダリティ

ステレオビューアテクノロジー

DRSplus ステレオビューアは、自動的に鼻側の異なる角度と異なる焦点面で(二重焦点)、2つの別々の写真を撮影し、視神経乳頭部の3D画像化を可能にします。

※ステレオビューアはオプション機能です。

ステレオビューアテクノロジー

最大80°までの
網膜のパノラマビュー

DRSplusは特別なステッチングアルゴリズムを使用することにより、検者の手を懸けることなく、異なるフィールド画像を自動的に結合します。

モザイク機能により、最大80°までの網膜のパノラマビューが可能

04.Features特徴4

リモートビューア

DRSplus リモートビューアは、ブラウザベースのソフトウェアで同じローカルエリアネットワーク(LAN)上であれば、どのネットワークコンピュータからでもレビューする事が出来ます。

※複数のビューア使用の場合、別途費用が必要です。

リモートビューア

Image Gallery

画像ギャラリー

DRSplus

共焦点眼底撮影システム
DRSplus

メーカーCenterVue
種 別眼底カメラ

カタログダウンロード

製品についてのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-6801-8023

03-6801-8023

(平日9:00~17:00)

WEBからのお問い合わせ

メールフォーム

医療関係者向けページ ご利用のご注意

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として、当社の医療向け製品情報などを提供しております。

国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

は い
いいえ
「いいえ」をクリックするとトップページに戻ります。